理事長/樋口恵子 プロフィール

 
‘51 高知県安芸市生まれ。幼少時に患った脊椎カリエスが再発し、中学時代は肢体不自由 児施設で寝たきりの生活を送る。この施設に J ダート氏と近藤さん来所。
安芸高校商業科、高千穂商科大学商学部に入学し、会計学を学ぶ。町田市に転居し、 知的障害者の青年学級の活動を通し、障害者自立情報センター等障害者福祉の領 域で働き始める のちにひかり療育園となって重度重複、未就学障害者の町田市の通所施設の非常勤 指導員、自助具相談員など。


‘81 国際障害者年、アメリカの自立生活運動を学ぶツアー企画をし、障害者・介助ボランテ ィア・新聞記者の 22 人でカリフォルニアバークレーとロサンゼルス訪問。
シンガポールで開かれた DPI(障害者インターナショナル)1 回会議に参加、世界の風を感じる。



‘84 広げよう愛の輪運動基金(ミスタードーナツ)の研修生としてアメリカへ。カリフォルニア
州バークレー自立生活センターの活動、知的障害当事者(ピープルファースト)運動を 学ぶ。障害を持った自分の原点に目覚める。
研修終了後もアメリカに残り、ジャスティン・ダート(ADA の草案作りで全米を回っていた)氏のもとでインターンとして数カ月研修、日米障害者サミット開催(’85)を手伝う。


‘86 帰国、日本で最初の自立生活センターヒューマンケア協会の設立に関わり、ピアカウ ンセリング、自立生活プログラム、介助者派遣サービス、相談支援など、障害当事者の視点から確立し、運営のノウハウなど構築していった。


‘89 町田に戻り、「この指とまれ」で 6 人の仲間を得て、自立生活センター町田ヒューマンネットワークを設立。翌年 2 月の町田市議選候補者に質問状を送る。


‘94 町田で初めての障害者女性市議となる


‘95 全国自立センター協議会代表(~2001)
北京女性会議で優生保護法の改正を訴え、翌 96 年の母体保護法への改正へ尽力。 アメリカ、アジアから障害者リーダーを招き、自立生活国際会議を開催。知的障害者や 様々な障害者の国際会議への参加のコーディネート、リハビリテーション会議などで日 本の自立生活運動についてスピーチ。


‘00 介護保険の障害者への適用を検討する「障害者ケアマネジメント体制整備検討委員 会」(厚生労働省)委員。旧来の障害者御用三団体以外に障害者団体を厚労省が初 めて認めた。自立生活運動の仲間や専門家の声を審査会に届け、介護保険への統 合を阻止する。
スタジオ IL 文京(自立生活センタースタジオアイエル・東京文京区)代表〜2006年。


‘01 参議院全国比例区より立候補、落選



‘02 DPI 第六回世界会議を札幌で開催、事務総長代理として度々札幌に入り、アジアの女性障害者の札幌集会参加のための資金作りや交流・意見交換会の場の設定など尽力した。


‘03〜 父の胃がんの手術など、介護が必要となり、病院・家・東京の生活になった。’05 父他界。



‘07 東京都知事選出馬の浅野志郎さんからの要請を受け、応援隊長に。参議院全国区の金政玉(キムジョンオク)さんの事務局を。 安芸に愛猫チッチとともに転居。


‘11 NPO 法人 自立生活センター 土佐の太平洋高気圧設立、理事長となり、現在に。同じくヘ ルパー事業所ヒューマンケア・安芸をスタート。ピアカウンセリング、相談事業、自立生活プ ログラムの提供など。 


‘15 障害者相談支援事業所「ヒューマンネットワーク」開設
  
 行った国はきっと21カ国、回数は延べ60回は行ったと思うけど数えられない。海外旅行企画は趣味の領域だった。

副理事長/近藤秀夫 プロフィール

 
1935(昭和10)年 ・岡山に生まれる
 
1945(昭和20)年 ・兵庫県姫路で【終戦】を迎える
 
1947(昭和22)年 ・福岡県田川市の炭鉱にて父死亡、家族離散
 
1951(昭和26)年 ・重量物運搬中の事故で脊髄損傷となる・以後車いす使用
 
1954(昭和29)年 ・大分県別府市国立障害者センターに入所
 
1964(昭和39)年 ・東京パラリンピックに選手として出場
 
1965(昭和40)年 ・日本タッパーウェア―(東京)に就職
 
1972(昭和47)年 【結婚】
 
1973(昭和48)年 ・「車いす市民交流集会・後の「車いす市民全国集会」に参加」
 
1974(昭和49)年 ・町田市役所・福祉事務所に就職
        『町田市の福祉環境整備要綱』作成に関わる
 
1981(昭和56)年 ・国際障害者年日本推進協議会の結成に参加 <現・JD>
        ・DPI(障害者インターナショナル)結成世界会議に参加(シンガポール)
 
1984(昭和59)年 ・日米障害者サミット結成準備会に参加 (ハワイ)
 
1988(昭和63)年 ・日中車いす市民友好相互交流団に参加(中国)
 
1989(平成元)年  ・町田ヒューマンネットワーク結成に参加
 
1990(平成2)年  ・国連障害者10年終結に関する専門家会議に参加(ヘルシンキ)
 
1997(平成9)年  ・町田市障害者計画策定に関わる
        ・障害者生活支援事業 全国連絡協議会を結成
        ・身体障害者介護等支援専門員養成指導員資格を取得
        ・町田福祉専門学校 非常勤講師 (障害者福祉論担当)
 
2000(平成12)年 ・町田市介護保険認定審査会委員を受ける
        ・長崎県佐世保市障害者生活支援センターの運営に関わる
        ・沖縄県自立生活センター「イルカ」の運営に関わる
        ・東京都ケアマネジメント体制整備委員を受ける
 
2003(平成15)年 ・自立生活センター「夢風船」(福岡) の運営に関わる
 
2007(平成19)年 【42年間住み慣れた東京から高知県安芸市に移住する】
 
2011(平成23)年 ・NPO法人 障害者自立生活センター「土佐の太平洋高気圧」設立
        ・ヘルパ-ステ-ション「ヒューマンケア 安芸」開設
 
2015(平成27年) ・相談支援事業所「ヒューマンネットワーク」開設